Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧米は凶悪犯罪に厳罰で応じるものかと思い込んでた。

オーストリアで娘を24年間監禁した男に性犯罪歴

オーストリアの法律では犯歴の公開は50年間禁じられており、また犯罪の程度により異なるが、終身刑でない限り、5年から15年で犯歴を削除することができると定められている。

随分と加害者に甘い対応をする国なんだな。そこまで優遇する意味がわからない。裁判では女性に対し肩入れして、処罰の際は男性を優遇するとでもいうのだろうか。そういうバランスなら理解できなくはないが、システムにダブルスタンダードを入れ込むのは微妙だ。(いや単なる想像を書いてるだけだけど。)

------------続きを読む------------>

法律や裁判とはそういうものなんだろうか。

つい先日知ったことで、日本の法律の研修所では、少年法とその運用について更正を中心に教育することを知った。しかもかなり強く印象付けるものであることは少々驚いた。
法律が人権意識を強く持たせるのは日本だけではないような気もしてきた。
強姦犯が逆恨み、被害女性を殺害 /京畿道

------------続きを読む------------>

とりあえず厳罰化は続いている。

歌織被告に懲役15年=完全責任能力認める-夫殺害切断・東京地裁
これは精神に問題があったとしても、罪は罪だ、という流れの様子。

------------続きを読む------------>

その辺はいい辛いものなんだなあ。

昔、カルチャークラブが「ウォーソング」という反戦歌を歌ってた。
オカマが嫌いな人は「戦争ヘンタイ」とこの曲を揶揄していた。
しかし、反戦歌を歌う彼らを批判することは、「主戦論者」とみられてもおかしくはない。
そこが批判するタイミングの難しさを端的に示してる。

------------続きを読む------------>

法曹界では常識・・・らしい。少年法の扱い。

大宅栄子の辛口コラムで興味深いお話がありました。
光市母子殺害事件について多くの疑問があった大宅栄子さんはある会合で元検事総長の方や弁護士の方に質問をぶつけてみたそうです。

------------続きを読む------------>

今回の判決なら裁判員も裁判官でも変わらないだろう。

刑が重くなったのは手を抜かない弁護士が悪いからだと裁判所が言ってのける社会では刑事弁護などやっていられない。
なにか違うような気もしますが・・・。

------------続きを読む------------>

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。