Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/5560-602230b4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

09ジャンプ27-1



バクマン。のキャラは自分を理解しすぎてるし、他人を理解しすぎてる。

他のアシスタントを「彼らはアシスタントで満足してるので、僕と話があうと思えない」
この言葉は、
自分が漫画家としての道を模索してるから
アシスタントという現状に満足してるような「アシスタント」と話が会う訳がないといってる。

目標が高いものと、既に満足してるものとでは、話が合わなくて当然。
会話に微妙に齟齬が生まれ、いずれ激突するのは目に見えてる。
既にそういう失敗をしてる、というには彼は若い。
失敗してたとしても一回か二回だろう。
それで理解できてるというのは早すぎる。

主人公たちの、現状認識や自分の野心に対する俯瞰した視線も、大人びている。

全体にこの漫画の雰囲気は、でてくる人々の理解力の高さが異常であり、
そこが風変わりな雰囲気を醸成させている源になっている。

恐ろしく老成した発想をするかと思えば、純愛や子供じみた夢を抱いて、具体的に邁進し、
成功へ一心にむかっていく。

そのアンバランスさが魅力。
しかし読者にはそこに、微妙な違和感を感じてるかどうかな話であり、顕在化して見えてるとは思えない。



主人公の
ほとんど言葉も交わさず、信じきっている、忍ぶ恋。
まるで時代小説を読んでるかのようなプラトニックな愛。
ともすればバカバカしくなりそうな恋愛を現代に描くのは興味深い。
セックスどころかキスすらもないのだから。
しかも現代劇で。

もはや挑戦的だ。

一見セックスしまくりのフリーセックスから
純愛を語るようなものの方が逆に古いのかもしれない。
そんな時代は既に終わっていて
(考えようによっては70年代のヒッピームーブメントで終わり、円光ブームでまたあったと思えば、古臭すぎるともいえる)
ただただ、純愛を描き、ただただお互いの心情を貫きあって
その姿を描くほうが現代的なのかもしれない。

バクマン。の描くラブコメは古いのではなく新しくて
蒙を啓くのは僕の方だったのかもしれない。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/5560-602230b4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。