Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/5540-8cb3c4cd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

正直、わからない。ピューと吹くジャガーさん。

うすた漫画で腹がねじれるほど笑った場面
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51468046.html


率直に言って、うすた漫画でほとんど笑わない。
ギャグマンガ日和でもそう。
ジャンプ系のギャグマンガで笑うことはあまりない。といいたいところだけど、
大亜門は好きだった。

ゴールデンラッキーとか、吉田戦車もちょっと無理。

シュール系は苦手だ。自虐やいわゆるナンセンス系も総じて笑えてない。

こういうもので笑えないと、自分自身が酷くセンスのない人間だと言われてるようで
腹が立つ。
これらの漫画に憎悪を抱くこと一再ではありませんでした。

ちょっと気になるのは



-----------------
135 マロン名無しさん :2006/11/27(月) 21:39:49 ID:hZSjiq8l
ガビーンはマサルさんが最初?
教えてエロい人

177 マロン名無しさん :2006/11/29(水) 07:09:19 ID:???
>>135
大昔のマンガやテレビで使われていた表現
マサルでは、昔のモノをあえて使うことにより笑いが生まれるというのをねらったギャグ
---------------------




ガビーンとかガチョーンを知らない世代が居るとすると、僕とはそろそろ感覚が違いすぎる。

僕は古いギャグも覚えてるし、新らし目のシュールなギャグも知ってる。
先代の三平、クレイジーキャッツ、ドリフ、ツービート。マエタケや巨泉。
トニー谷。
それなりに古いものも知っていて、それらが当時どういう位置関係だったかとか、
かなり現在に近い時に使われたときの映像も見たりしてる。
余談ですが、
トニー谷がなくなる数年前の徹子の部屋での、昔の芸を披露したときの切羽詰った、緊張感の在る姿は、今でも通用するもののように感じました。

逆にいうと
ふるかわろっぱ。は、しりません。名前だけしか知らない。

漫才の古典スタイルも一応形式としては理解してるつもり。
巨人阪神の、漫才らしい古典のスタイルはほとんど「芸能」だと思うし、面白いとも思う。
あんなに綺麗に作りこんでいて、それでいてユーモアがある漫才を出来る人は、そうは多くないはず。

正直、落語など聴いていても、「なるほどなあ」とは思えても一度も笑えないことも少なくない。

閑話休題。
割りとさまざまな笑には接してきたつもりだから、見たり聞いたりしてれば、次の動作を予想する。
何を言うだろうか?
何をするだろうか?

予想外の方向からの攻撃で笑うこともあるし、
あさって過ぎて、笑えないこともある。
同じ方向の攻撃を何度喰らっても笑えないのは極当たり前。
予想の範疇にあっても、強力なギャグで大笑いするパターンは、当たり前だけど一番多い。

シュール系やナンセンス系のギャグマンガは
最初からシュールやナンセンスが来ると思ってるから、その予備動作のせいで、
笑えない。パンチが弱い。
僕にはそう感じる。
つまり

「うん、わかった。だから?」

に、なってしまう。
舞台がシュールであるならば、そこそこシュールな事があるのは織り込み済み。
更に意外で、気づききれてないことを強く叩いてくれないと、笑いに繋がりにくい。

ナンセンスでも然り。
ナンセンスなことを言うのがわかってる状況を設定してるんだから、ナンセンスな行動が待ってるのはわかってる。
それを前提にしてる人に、予想外のパンチを食らわしてくれないと笑えない。

僕はそれらに総じて笑えてない事が多い。

ギャグが。
(間が)早くない。強くない。位置関係が単調。
そう思える事が多いように感じる。

僕は自分でそこそこ笑いはわかってるつもりだし、得意不得意もあるのがわかっていてるつもり。
プロがやることは、それほどセンスや経験値のない人も笑わせることを前提にしてるから、
笑いに精通してる人が、「つまらない」というのは早計な事が多いこともわかってるつもり。

笑うか笑わないかでいったら、ギャグマンガではあんまり笑えない。

特にジャガーさんやゴールデンラッキーのような固定ファンが多く、評価が固まってるものに、
僕はかなり違和感を抱いてる。
それがなんなのか未だにさっぱりわからないで居る。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/5540-8cb3c4cd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。