Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/5456-1bae3d6b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

リスキーダイス

【投資】バフェット氏、デリバティブ拡大の大勝負=利益に自信-一部からは巨額損失につながると懸念の声も[09/03/14]http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1237135821/-100

バフェットがデリバティブの売り手で勝つつもり。
それを今やるという勝負。
名だたる金融機関が七転八倒してるこの時期に。
大銀行・屈指の保険会社を苦しめ続け、投資銀行に至ると退場せしめた、
あのファットテールを食うと?

2ちゃんでは、ヤキが回ったなというコメント多数。

既に80億ドル分の収入があるらしい。
最長の支払期限のものが19年後。

しかし去年までの損失はと634億ドル。
バークシャーハサウェイへの投資家たちはどう思うだろうか。

前世紀の恐慌での失敗から黒字化するまでGSは16年掛かった。
底値で買ったものはいないし、いるとしてもJPモルガン個人の手腕によるものだから度外視するとしても、モルガンの買い入れから買いに廻った人たちは結構儲けたと思う。
GSの黒字化は巨額の損失を補填して尚ということだから
損失の大きさと、その後の儲けの大きさを物語る。

今回の場合もロングタームで考えれば、バフェットの勝ちかもしれない。
その可能性は高い。
期間が長い商品ならなおさら。
おそらく嘗てのスキームのまま推移すると思われる。
信用収縮が終わりを告げれば、その分の価値はすべて金額に跳ね返る。
そこに至ればバフェットの勝利だ。

問題はそこに至るまでに更なる危機にさらされ、破綻するかどうか。
もうひとつは、嘗てのスキームに戻れないと言うリスク。

一つ目は政治的に葬り去られるという可能性も入ってる。スケープゴート。
リスクを取りすぎれば殺される。リスクを取ったと看做されて殺されるかもしれない。
国策的な死亡宣告だってないとは言えない。今は非常時。

二つ目のリスクは今までと違う経済環境になってしまうこと。
成長神話の崩壊。この可能性は少ない。中国やインド、ブラジルにロシアがいる。
成長できると踏める可能性がある。後詰にアフリカもいる。
可能性がないとは言えないのは戦争リスク。こっちの方が気になるところ。

バフェットの最後の賭けかな。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/5456-1bae3d6b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。