Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/5309-dd26d61a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

俄かに首肯はしかねる。

全4誌の「2008年マンガランキング」を検証してみました。http://mangaen.blog30.fc2.com/blog-entry-595.html

どのランキングでも登場する「聖(セイント)☆おにいさん」は、もう気になる。
それほどのものなんだろうか?
まだ読んでいないが、いい意味で気になる。

しかし、取り上げたブログの主も、もうひとつ何か引っかかるらしい。
まあ、そんなところだろうなと、読んでもいないのに、そういう「感じ」がする。

ぶっちゃけて言えば。漫画を読みなれてない人の、過剰なリアクションじゃないのかと思うばかりだ。
いずれ読んで判断します。


4誌で重複した作品の中で僕が読んだ事があるのは
「よつばと!」

「3月のライオン」
だけ。

確かに両方とも高評価だし、面白くないとは言わないが、

「で?」

といいたくなる作品。
理解は出来るが、一切共感できない。
ただただ、贅沢なことを書いてあるようにしか思えない。
結局さ、
描かれてること「だけ」を見れば、凄く幸せそうなんだよね。
ただ、幸せ。

そこに腹をくくった魂を感じない。

僕が好きな
ハンターハンターの23巻のコムギの独白や
ナルトの28~32巻にわたる、チヨ婆のエピソードのような
秘した慟哭はそこには感じられない。

だからどうしても、気に出来ない。

三月のライオンの二巻の表紙は可愛い。それは理解は出来る。
でもそれは漫画にとって1ファクターに過ぎない。些細なことにしか思えないし、僕は自然(じねん)に無視する。


ワンピの52巻は買った。
その頃はジャンプを買っていなかったから。
ワンピは面白かったが、意外性はなかった。いや、面白かったよ。
作者の筋選びと、表現は卓抜したものだった。
全くモチベーションが下がってないこと事態が賞賛できる。
毎日毎日質の高い仕事をしてることは、強く天才を意識させてくれる。

天才健在

これを意識させてくれる一冊だった。

ワンピをワンパターンなバトル漫画だとしか思えないような可哀想な人もいるようだけど、
国語力が無いというのはしみじみ可哀想としか思えない。
昆虫を否定する気はないが、人のなりをして昆虫のように振舞うのは些か不憫。
せめて字面を理解してから批判してほしいものです。


総じてランキングから感じる印象は。

「人の評価は当てにする気にならねえ」

映画評に似てる気がする。「あんた金ぇもらってるんじゃないのかい?」
こういう印象が払拭できない。

「批評は商売商売。」

それが本音だろ?
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/5309-dd26d61a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。