Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/5217-c8072406
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

空気を生み出す技術。

何度か、ポルシェの苦境。50年代あたりのロレックスの英国での販売の伸び悩み、ハーレーの栄枯盛衰、などを挙げて、なぜ嘗て上手くいかずに、今上手くいってるのか?
その逆でもいいんですが、理由がわかるものと、そうでもないものが渾然一体なってるところが悩ましい。

ポルシェは80年代のスタイリングは良くなかった。耐衝撃性のためのバンパーがいかにもダサかった。
米国の不況にもやられていたと思う。
まだそのころのポルシェは、工業製品としても不完全だったかもしれない。
少なくともアルミブロックでは頻繁に壊れていたようだった。

ハーレーの当時は似たり寄ったりだったろう。年式によってウインカーの位置関係と操作方法が違うなどは、意外と大きな問題だったと思う。部品に互換性は皆無だし、いいとこなしだったろうに。

日本においては、昔上手くいっていて、最近までなし崩し的にダメだった高級品が、着物。
着物は80年代までは活況だったと思う。
しかし着物文化が廃れてきて、何もそんなに苦労して動き辛いものは着ないという風潮によって、
布ゴミに成り下がった。
これは近年までその状況だったから、着物関係の会社の成功例は少ないのだと思ってる。

着物のあとに、喜平やコイン等のゴールドが流行った。

こういう風に流行り廃りに左右されてるのが高級嗜好品。

時計や車が今もって強力なのは、性能が安定していて、まちがった使い方をしなくなったし故障もかなり減ったことなどによるところが大だと思う。

ロレックスも手巻きの時代は結構トラブルが多かった様子。
竜頭を回して、しめないでおいて、そこから水が入る事故は多発した。
自動巻きになって、かなり減ったと思われる。

工業製品における、ステイタス化は性能が高く、壊れにくく、安定してること。
そういう基本が出来ている上に、ブランドイメージが向上すれば、自ずと売れていくという気がする。

あとは景気が良い事が追い風になる。
安定した使いやすい性能と、過剰な装備。高いブランドイメージ。
社会に受け入れられる、会社のイメージ。

それらが無いとダメだ。
着物は伝統的に使われていて、安定していたが、ある日、多くの人が気付く。
和服は面倒だと。高価すぎると。
ひとたび、ネガなものが噴出すれば、バブルは終わる。
着物バブル終了。

時計も車もいずれ終わるのかもしれませんが、
いつ、何が切っ掛けでシュリンクしていくかは判りません。

終わってみればバブルだったというわけで。
続いてる以上は実需。

もしかしたら裏返る瞬間に立ち会えるかも。

判りませんけどね。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/5217-c8072406
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。