Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/5078-7ef91a1d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

老兵は死なず。ただ去り行くのみ。投資銀行時代の終焉。

確かに僕はサブプライムローン問題は世界恐慌を再び起こすか、その寸前までもって行くだろうとは思ってました。額の問題より、ポジションの問題で、切り捨てられないプレイヤーのポジションが巨額で、システミックリスクをどうしようもないレベルまで押し上げると思ったからです。

当然クレジットクランチに貸し剥がし、取り付け騒ぎ。
LTCMの一件でFRBや連銀、銀行群が、追い込まれたときのようなことを、もう一度やってしまうだろうと思ってました。

そこからどうやって、引き返せるか。
或いはバーストして、世界大恐慌再び。を仕出かして、億単位の死者でも出してしまうのか?
この恐怖のエンターテイメントを楽しんでいたつもりでした。
いつ誰がどのように死ぬかなんて、想像もつかないスペクタクルだと思っていました。
金持ちも貧乏人も、好むと好まざる、とに関わらず参加している悲喜劇。
そう思っていました。
突然の幕引き。
第一幕の終了。投資銀行の終焉。

これは予想外だった。
背に腹は変えられないというところか。


僕はもっともっと金融に人材が集まって、今までのように稼ぎまくって、研究しまくって、
金融で出来ること出来ないことを、すべて詳らかにして欲しいと考えていました。
そして、その有能な人材は研究のほぼ終わった金融に見向きもしなくなり、
新しい何かを研究してくれる。ほかのもので稼いでくれる。
そう考えていました。

今は金融の時代だが、いずれ違うものの時代になる。
それは金融のようには稼げないだろうけれど、先端技術であることに間違いはなく、
最高の人材が集まるにふさわしい何かであるに違いない。

しかしそのターニングポイントが、季節の変わり目が今だとは思いも拠りませんでした。

金融がもう一度復活するかもしれませんが、それにはかなり時間が掛かりそう。
金融に関わってる人の心が疲弊してるでしょうし
新商品開発や技術的な裏づけに至るにもかなり時間が掛かると思います。

これが小休止か、永久の眠りかはわかりませんが、少なくとも一旦幕は引きました。
幕間狂言は何がくるでしょうね。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/5078-7ef91a1d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。