Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4921-2f5f8a1b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ゲド戦記はデビルマン。

ゲド戦記を観て、ふと何かに似てると思った。デビルマンである。
アレンの苦悩。妄動。迷走。これは勇者アモンがデビルマンと成った後に近い。

アレンは冒頭で父殺しをしてしまう。
守るべきは人間と決めていたのに、デビルマンはかなり後半で人を殺してしまう。

この苦悩は同じではないが似通っている。レゾンデートルが揺らぐという意味で。

アレンは父殺しを受け入れ、祖国に帰る。そこでどれほどの仕打ちがあるかを覚悟して。
デビルマンは殺人という、どうしようもないことをした事を受け入れ、デーモン軍団との最終決戦に向い、望んで戦死する。

死んでも良い。矜持を守ろうという努力が垣間見える点では似通っている。
アレンには僅かだが確かな希望があり、デビルマンには死しかなかったが・・・。

意外な伏兵。
アレンにとっては、あの少女。彼女は竜の化身だった。
彼女は先遣であり、彼女の動向を竜は注視していた。
魔法使いクモがこの世の理を突き崩せば、竜は全力で阻止するつもりだったのだろう。
それはデビルマンにとっては飛鳥了ことルシフェルだろう。
人間を殺すべきか否かを判断するために王自らが自らの記憶を消して人間の世界を見聞した。
あの少女と飛鳥了は、身分を隠し、内偵めいたことをしていた点で似通っている。

ゲド戦記では、アレンと少女は互いに真の名を教えあうことにより、強い信頼関係で結ばれたことが良くわかる。
デビルマンとルシフェルは強い友情はあったはずだが、立場が二人を永遠に切り裂いた。
しかしデビルマンの死のあとに、すぐさまルシフェルも殺されたかと思うと、地獄での再会は思いのほか早かったのかもしれない。

デビルマンは死によって清算される物語だったが、
ゲド戦記は苦しみあえぎながら、限られた生を逞しく生きることを示唆していた。

どちらがいいとか悪いとかはない。
70年代。デビルマンは衝撃だった。
ゲド戦記は、今こそこういう語りが必要な時代だと思う。
優しく厳しい物語だったと思うよ。

答えは君の中にある。

そんなことを言われてもさ。きみ、困るだろう?
子供だよといえば、そうだなと思うし。
大人だなあ、といえば、そうだねえ。としか答えられないよ。




スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4921-2f5f8a1b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。