Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4884-aed3395b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

本を読んでる暇がない。・・・というより読むのが習慣になってないのか・・・。

国民読書年イラネ

読書習慣を持ち合わせていない家庭の子供にも読書習慣を身につけさせましょう、という学校教育の一環ならばわかります。しかし、全国民に対して呼びかけるというのは少々説教くさいというか、そんなことを言われる筋合いはないという匂いを感じるわけです。


引用の引用ですが、その通りですよね。
読む人は読む。でもラノベばっかりだったり小説だけだったりする。
何を読むべきか。
書評の需要は大きい。(人それぞれが)真に読むべき本を取捨選択できるだけの情報の提供だけで充分だと感じます。

まずは書評の充実。本の紹介のウェブや雑誌の充実が望ましいかと。


高村 江戸時代から活字文化に触れる度合いは世界に冠たるものがあります。文学のレベルも高い。明治時代には世界の文学を取り入れ、翻訳し、100年以上たっても読み継がれている。こんな国は世界でも珍しい。さらに、世界でも非常に難しい言語である日本語を使いこなしている。日本人の知的基礎体力は日本語そのものにあると言ってもいい。文化的成熟という点では、日本は分厚い地盤があるんです。若い人は、日本人が持っているこの能力を減らさないでほしい。あとは、国家として政治の成熟があれば、日本は生き延びていける。




これも引用の引用ですが
高村さんは勘違いしてないだろうか?
日本人のリテラシー能力が高いとは思えない。読むのも書くのも水準が高いとは思わない。
長文を書ける人が多いだなんて思えない。ブログを読めばわかると思います。
長く構成力のある文章を書ける人は少なく、もちろん書かない人、書けない人の方が圧倒的な人数です。

読むにしても、書いてあることを信じきって疑わないか、全く信用しないかの二つに一つの傾向が強い。はっきりいって無教養に近い人の方が遥かに多い印象です。

世界的に観れば下には下がいるとお思いかもしれませんが、下を見まくっても詮無き事。

己(日本)が実力と、その無力さを噛み締めることから始めてもいいでしょうに。

前にも言いましたが「お上の世話にはならない」という気骨ある業界人は一人もいないんですか? どいつもこいつもヘタレばかりですね!



そうですね。
でも、そういう気骨がある意見を縷々述べたら、その発言は取り上げられないと思うので、
反骨漢がいたとしても居なかった事になってしまいそうな気もします。

例えば、いわゆる「再販制度」に関する報道について、「新聞報道は、新聞業界の利害に基づいた記事を書いている。ケシカラン」という批判がありますが、私はそうは思いません。新聞社の「幸福追求権」を否定する方が憲法違反であり、すべての人々が早く「新聞社も、他のすべての会社・個人等と同様に、その『欲求』の方向に動く権利があり、また、そのようにしか動かない」ということを知るべきです。

 「正確な情報を伝えようとすること」も、「新聞業界の利益を守ろうとすること」も、いずれも同様に新聞社の自由な「欲求」であるにすぎません。この両者の間に「価値的な差異がある」と、誰かが「その人の個人的な思想・信条・価値観・倫理観をもとに感じる」のはもちろん自由ですが、それを他人(新聞社)に押し付けようとするのは憲法違反です。

上、岡村薫の言葉の引用。
新聞社自身が新聞社の利益を守ることは憲法で保障されてる?
それは間違っていないが、その大権力的影響力を考えたら、国民の利益のためにある程度行動を掣肘されるのは当然だろう!

日本の主権者は国民です。新聞社じゃありません。新聞社にも権利はありますが、国民に害為す場合は制限されて然るべきでしょう。
新聞の権利の膨張は、国民の不利益に当たると、僕は率直に危惧してなりません。

取り急ぎここまで。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4884-aed3395b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。