Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4844-a224a253
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

困った女性を助けてる男性を見た、おととい。

女が転んでも手を貸さない男達…『男女平等』の都会では常識?
新越谷駅に入る直前の床と側溝の隙間にハイヒールのかかとが挟まって往生している女性が居た。
お友達と思しき女性も手伝うがなかなか外れない。
と、そこまで気づいて、手伝おうか考えた刹那。一人の30歳前くらいの男性がさっとやってきて、
ハイヒールをさっと引き抜いて、女性に渡し、一言もなく(聞こえなかっただけかも)立ち去っていきました。
女性たちは感謝していたようですが、自分たちのかっこ悪い姿に気恥ずかしさが先にたっていたようでした。

そこでの男性の立ち居振る舞いは、現代的だったと感じました。

近づくことだけでも失敗する可能性のある昨今。
手助けして、一瞥して、立ち去る。
純粋に手助けしかしない。

たしかにほとんど何もコミュニケーションがないのは、人としてどうかと思われる残念な点もあります。
こういう機会にこそ、お知り合いになるチャンスであってもいいと思うんですよね。
ただ、最近の風潮からいえば
男性の態度は
タイトでスクエアです。

こういう見返りを一切求めず、心のあるままに助ける。それのみ。
というのも清廉としていて、美しいかもしれないと思いました。

義を見てせざるは勇なきなり。

他力本願。(人のためにすることは、廻りまわって自分のためになることだよ)

など、浮かびます。

男性の行動のシャープでタイトな姿を見て
ああ、世知辛いなあ。とも思いますが
何の見返りもなく心の赴くまま手助けする清清しさ。
その両方を感じます。

良く取るも、悪く取るも、受け手、次第。

ふうむ。

今の喜びは今にしかなく。
過去の美点は今の美点から少しずれてしまった・・・かな。
過去に囚われず、今出来ること、
今の美徳を求める事が気持ちよく生きることに大事なのかもしれません。

あ、ちなみに難渋していた女性は20代前半くらいの小奇麗なオネーさんでしたよ


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4844-a224a253
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。