Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4843-4516246e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

「医師不足。地域で連携を。」という報道。

なんとなく逆な気がする。
医師や病院側というより、患者側の努力を最終的に求めてる気がする。つまり病院の近くに居てくれること。
経済が発展していってる間は、人が増え、学校や病院や役所も増えていって都市基盤が丈夫になります。
インフラ整備と人口増加が二人三脚で増加していく事が望ましいでしょう。

でも今は経済が極一部に集中し、面で広がる余地が少なく、むしろ減っていくところが多い。
経済的が裏づけが減れば、どうしても人口減少は仕方がなく大都市に集中する傾向になります。

人が、特に若年層や壮年者が抜ける、地方都市にインフラの維持は負担が大きいです。
介護が必要な人は集中的に近所に居てくれるか、入院でもしてくれないと目が行き届きません。

かくして
病院やスーパーや役所などの近くに住むほうが利便性も安全性もコストもかかりにくくなるという図式になります。
昔だったら
人が増えるので追うようにしてインフラが整ってきたのに、
今やインフラに人が寄り添うようにならないと、コスト的にも時間的にも追いつかない、そんな時代になったような気がします。

経済原理に照らせば正しいのかもしれませんが、カネで衝き動かされるのは、少し引っかかります。
長年暮らした土地から離れるだけでそのストレスで病気になる人も居るでしょう。
できれば
「みんなで仲良く暮らしたいから」と、主体的にインフラ設備のいいところに生活を移すような気持ちにさせるような何かがほしいと思います。

追い込まれて動くんじゃなくて、
自分で考えていい方向に進むという形で。
同じ結論でも
頭を抑えられて動かされるより、自分の判断で行動するほうがいい。

モノはいいようであり
モノは考えよう
というと
非常に無責任にも聞こえますが、処世術としては意外に重い言葉だと思います。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4843-4516246e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。