Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4753-f082244d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

大勲位、それはちょっと違うと思います。

サンデープロジェクトで中曽根康弘大勲位が「若者が現状を憂うのは理解できる。
学校教育も企業も若者に対して冷たい」と受け取れるようなことを仰っていた。

いえいえ昔から子供に、社会は大人は冷たかったですよ?
学校はなんだか勇ましいセンセイばっかりだったし。右も左も両方だ。

企業は経済成長著しいバブル以前は好むと好まざるとによらず
新卒を採用するのも仕事の一環。
新人研修によって、ようやく半人前の社会人にするのも仕事の一環。
好き好んでやってる様子ではなかった。

いまはそのコストを吸収しきれないので、見た目でわかるほどに、冷たくなっただけですよ。

昔の経済成長率は、数%から10%を越える時だってあったので
普通に頑張る=数%から10%を越える成長
ともいえたわけで
現状の
ゼロシーリングの停滞状況では、努力しても0成長。まるでジタバタしてるだけ。

入る企業によっては成長するものもあり
衰退するものもある。

成長する企業は、社会の労働市場の売り手市場ぶりに付け込んで過重労働を躾けてます。

これは事実上の「便乗値上げ」のようなもの。
全面的にどうにかしろとは言わないけれど、国は手当てするべきだと思う。

少子高齢化と自殺の黙認は、国としての態度としては、かなり奇異に映ると思う。
国際的に見ても、自国民から見ても。

日本の昔からあった共同体幻想は完全にこそぎ落ちた。
なんとなく緩やかにあった、緩やかな共同体は経済成長と共に失われつつあったけれど、
バブル崩壊後の
小泉政権の改革により止めを刺された。

正に新日本。

今までの日本は死んで、新しい日本になったわけですが
大勲位としては現状をどう思っていらっしゃるんでしょうね。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4753-f082244d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。