Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4720-fa66798f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ルマン優勝から17年か。

やる夫で学ぶ「マツダ・ロータリー開発期」
NSU/バンケル社との契約の酷さもさることながら、NSUは他者との契約においても多額の契約金額をせしめていて、その上、実用化したのはマツダのみ。「20世紀最大の詐欺事件」と揶揄する人もいるくらい。
GMとの契約では600万ドル。他メーカーとの契約を含めると、1000万ドル超えてるんじゃないだろうか?
しかもNSU自身もマツダ以外のメーカーも、実用化には程遠いレベルで放棄した。

そんな技術。ロータリーエンジン。

それが1991年にあのルマン24で勝利した。モータースポーツ界においても
自動車業界としてもマイルストーンそのものだった。

そして未だにマツダのみがロータリーを作ってる。
このすごさが、どうにも良く伝わらないのが歯がゆい。

オットーサイクル(4サイクルエンジン)が期間から見ても時間的に見ても圧倒的に
膨大な時間と巨費を投じられて研究されていたことから考えれば、
ロータリーエンジンは人的にも金額的にも1%未満なんじゃないだろうか。

そう思うとロータリーの素性のよさに感心せざるを得ないし、
技術集約度が未だに低いのではないかと考えざるを得ない。
だから、これからも飛躍的に成長する可能性を秘めている。

といいたいところだが、これからは電気自動車や燃料電池車の時代なので
どうしても傍流にならざるを得ない。

残念だなあ。
まだ可能性はあると思う。ライバルより性能がよければ起用されるのだから。
何もかもがガソリンから離れきるとは思えない。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4720-fa66798f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。