Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4686-926d0072
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

クレイモアのいいところ。

クレイモアが好きだ。アニメ版なら覚醒者との対峙。覚醒者の芝居がものすごく上手くて、アニメの芝居で久々に感動しました。
原作だと巻を追うごとに、厳しさをます戦闘の、その悲壮感の演出が好きだ。
クレイモアの白眉なのは悲壮感の演出に尽きる。

もうどうしようもない状況。賭けるべきものも僅か。
ともすれば蛮勇になりかねない瞬間を、正確な判断と胆力で勇気に変えてる姿が清清しい。

死兵の美しい部分だけをエッセンスとして写し取っている。

そこに安堵を覚える。

滅びの美学。

滅んでもなお気高さは揺るがないという確信。

それがクレイモアから浮かび上がる。

悪夢のような戦闘に次ぐ戦闘を、その只中から、清廉な意思と行動だけを見せてくれる。

フィクションとはこうあってほしいものだとつくづく思う。
現実にはこんなことは出来ないし、何度も何度も死を眼前に見据えたいとも思わないよ。

リアルにはリアルの苦しみが充分あるよ。こっちはこっちでおなかいっぱいだ。
フィクションには、フィクションなりに、たのしまさせて欲しい。

延々とクレイモアを読んでいたい。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4686-926d0072
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。