Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4679-bdbbf5ae
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

父が娘を地下室に24年間監禁、7人の子供を産ませる…オーストリア

父が娘を地下室に24年間監禁、7人の子供を産ませる…オーストリア
この手の話しまで当然のように報道されてる現代という時代は凄い。昔は普通に規制の対象だった。放送や報道に適さないという理由だったんだろう。
ヒッチコックの映画として有名な「サイコ」が実話だったことは80年代に発行された本の存在で知った。
(今ではこの手の猟奇事件が事実に基づく物が多いことは知られているが、そういう時代のターニングポイントは70~80年代に合ったと思う。)
しかも映画よりもえげつない内容だった。
単に女装するだけでなく、死んだ母親の乳房やしりを切り取り自分の体につけていて、犯行に及んだという。

猟奇事件そのものは米国でも欧州でも結構あったことは犯罪史を紐解けばすぐわかる。
ただ報道はなかなかされなかった。
一般市民に無用な不安を与えるからという理由だったようだ。
たしかに50年代のアメリカでサイコのような事件をそのまま報道するのは衝撃が強すぎるし、
類似事件を発生させかねない恐れも感じたと思われる。

やはり80年代半ば頃に「警察署長」というアメリカのTVドラマがあったが
それも猟奇殺人事件がもとのドラマだった。
この頃くらいから猟奇事件が一般に知られるようになった嚆矢だったのかもしれない。
それまでは警察や検察、新聞記者くらいまでしか知らないような話だったかもしれない。

奇妙でおかしな事件は何処ででもあるにはある。
報道すべきかどうかはわからない。

正直言えば市民生活に直結する政治のことをもう少し解説してもよさそうだが、
視聴率が下がると見えて増える兆しはない。

猟奇事件の報道は、ある事を確認するのが精一杯で、そこから何かを得たり、思索にふけることもできそうにはない。

昼日中からみるような話ではないと思う。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4679-bdbbf5ae
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。