Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4662-9b3a955e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

[書評]デフレは終わらない 騙されないための裏読み経済学(上野泰也)

[書評]デフレは終わらない 騙されないための裏読み経済学(上野泰也)への書評を読んで。
デフレが止まらないのは生産性が上がらないからだと思う。
規制緩和の停止。政策的な問題。いわゆる官制不況によるもの。

需要面からの構造的なデフレ要因である「人口減少」と「少子高齢化」、そして政府が推進しているさまざまな「規制緩和」。これらが、サービス分野の硬直的な価格をさらに破壊する流れは今後も続く。


需要に関しては余資が少なくて、高付加価値サービスを求める人が少ないからではないだろうか。
老後の年金等に不安があって現金があっても使い辛いことや、デフレのために現預金で持っているほうが安全で都合がいい時代が長らく続いてるから。

大して理由もなく高い物を買う理由がなくなって消費が停滞している事が需要の伸び悩みの一端。

老後の不安に因る消費の低迷はかなり重い。

現役世代の生産性の低さも足をひっパっているだろう。
転職者への教育サービスの充実が急務。

生産性の向上や新規事業への便宜などを政府は努力すべき。

少子ではあるが高齢化は需要減の理由とは思えない。
今ある金が減ることを恐れて使えないだけ。
招来への不安と、消費する理由と機会さえあれば一気に増えることもありえる。

米国の不動産バブルは一年程度で解消される。そうすれば数々のCDOなども安定した価格になっているはず。そうなれば金は戻るだろう。株式に。
それ以上に商品市況に落ちてくるだろう。需給は未だに逼迫してるだろうから。
インフレは止まらない。

日本の場合はスタグフが止まらない。というところだろう。
金融緩和に行くしかないかもしれない。官僚が現状を把握するのも必要だが、それは無理なのかもしれない。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4662-9b3a955e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。