Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4660-e49ab45a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

民主化することに時間をかけてられない中国。

TBSをみてたらトーチリレーでのデモ活動に、中国民主化を旗印に掲げる中国人の小さな組織があった。
なんとまあ勇気のある人たち。すごくご苦労なさってた。
一党独裁だから何かと指弾される中国共産党。もうそろそろ、「我々は関係ない。人民が勝手にやっていることだ」という言い分は通りそうもない。
中国を大国と認め始めてるから、そうそう軽口の聞いてはいられない。

筋道がしっかりして無いともうダメだ。
逆に言うと筋道さえ何とかしてれば、強弁できるということ。

チベットに自治権を与え、実情は北京政府がコントロールしてるなんて芸当は今の中国ならできるはずだ。とりあえずはチベットですらそれを望んでいるだろう。
何もない今よりも、少し希望のある未来を取るだろう。

中国の本体の民主化もそうだ。
投票により議員の選出と、議会運営。元首の選出。
形式だけでも民主化しないとこれからの超大国化に内的にも外的にも耐えられないはずだ。
ボトムアップされるエネルギーを発散させ霧消させるにも民主化はガス抜きに丁度いい。
外向きにも民主化されていると付き合ってもらいやすい。

出来れば早めに民主化に移行してくれたほうが中国もその他の国も喜ばしいのだが、中国がそこまで気づいて、辿り着けるか。

出来なかったら天安門事件やチベットやウイグルのような事件が発生する。
経済的にも耐え難い失敗をしでかす可能性が高くなる。
そのときは
今回のサブプライムローンのようには危機を脱することは出来ない。
全てを巻き込んで沈没する可能性が高い。

正に世界の終わりを中国の沈降で始まることになるだろう。

それを避けるためにも民主化は進めていってほしい。

これもまた「与えることは取ること」だ。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4660-e49ab45a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。