Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4648-68985265
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

今回の判決なら裁判員も裁判官でも変わらないだろう。

刑が重くなったのは手を抜かない弁護士が悪いからだと裁判所が言ってのける社会では刑事弁護などやっていられない。
なにか違うような気もしますが・・・。

被告人の刑が重くなったのは,弁護人がたくさんボランティアで集まって,被告人の言うことを新味に聞いてやり,それを立証しようと精一杯努力したことにより,被告人が反省しなくなったからであり,弁護人がいけないのだ,と裁判官に指弾されるような制度の下で,そして,そのような指弾を行う裁判官ではなく,精一杯弁護活動を行った弁護士たちが糾弾される社会では,私は,刑事弁護活動をやりたいとは思いません。


それは新供述が殺人した後の強姦が死者蘇生の儀式だと唐突に言い出したり、
そんな状況で赤ちゃんをあやしていたら落とした、などと言われたら心証がいいわけもなく、
ただの言い逃れ以上のものに聞こえないから信用しなかったんでしょう。
もしこれを、最初から述べていて、友人宛の妙な手紙などなく、反省の態度を取り続けたら、確かに今回の判決はおかしかったでしょうが、実際には反対の状況だったので、あの判決は妥当だったと感じます。

被告人の言うことを信用するにしても創作に感じたり、精神異常者を装おうとしたようには弁護人たちは感じなかったのか?と多くの人は感じたはずです。
そういう意味ではあの弁護人達に対しての糾弾は、ある程度は理解出来ます。

私は,近々実施される裁判員制度には様々な問題があるとのご意見にはあたっている点がないわけではないことを認めながらも,職業裁判官による刑事裁判の悲惨な実情を見るに付けて,未だ裁判員制度の方にまだ光明を見いだしうるような気がしてなりません。


たぶん今回の判決と裁判員制度下での判決は相違はほとんど出なかったと思われます。
事実の列挙からかんがみれば、自分勝手で非社会的な態度の極みに見えるからです。

といいますか,職業裁判官制と裁判員制と弁護人が選択できる場合,接見及び記録の精査の結果被告人の弁解は概ね真実だと確信したら,裁判員制の方を選びませんか?>弁護士の皆様。


いや、裁判官より裁判員の方がより厳しい態度を取る可能性の方が高いと思います。
実際の死刑判決で半年以内に死刑は執行されないと思ってるし、終身刑がない以上、
凶悪犯が社会に出てしまうリスクより、刑務所につなぎとめていくほうを選びがちだと考えます。
裁判官の方がそういうものの考え方はしないと思われます。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4648-68985265
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。