Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4453-706e692e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

金融収縮の説明は初見では難しいだろう。

3月31日(月)放送

NHKらしく丁寧には描いてるけど、
残念ながら、あれでは多くの人に現状の危機を伝えられたとは思えない。

中東や中国のドル離れは今に始まったことじゃない。
クウェートは去年ドルペッグから抜けたし
サウジも、という噂もあるようだ。(万が一サウジがドル離れしたらそれだけにパニックになりそうだ。
袂を別ったかと思われるし、ファンダメンタル面からしても、終わりを感じさせるから)


ベアスターンズのCEOが顔出ししてまで信用不安を払拭しようとしたのに功を奏さなかった顛末を短いけど時系列で並べてくれたのは興味深かった。


最も重要なことは金融危機は未だに去っていないこと。

5月頃までの銀行・証券・ヘッジファンドの中間決算が出揃って、損金確定し、救済の算段までつかないと、この低迷は続く。
そのことに触れてなかった
今問題なのは
不動産バブルとサブプライムローンの瑕疵からくる含み損に端を発する
巨額損金の所在と損金確定。未だに為されていないところが問題。

そのボリュームによっては金融恐慌もありえるし、最悪でも公的資金投入で済ませられる瀬戸際。

バーナンキ議長のフォワードな対応に金融関係者は安心感があるようだ。


一般的に知られてないのが巨額損失が未だに露見していない可能性。
それと
連鎖倒産の可能性。すなわち大恐慌の懸念。

完全に金融システムが停止する可能性がある。
わかりやすくいうと取り付け騒ぎも起きる。

銀行でも証券会社でも、でかい金融の会社が倒産して放置されると、債権や証券の投売り換金が始まって、暴落する。
それなら底値で買えてラッキー!
ということになれないほど、のボリュームだと引きずられて絶息する。
大銀行も連鎖する。
そういう連携の中で存在してるから、消滅するような退場は許されない。




LTCMの一件と似ている。たった40億ドルの融資で済む事が、もし弾ければ
金融恐慌を起こすところだった。
資金の貸し借りのネットワークは入り組んでいて、信用不安が顕在化すると、一社だけの問題でなくなる。

かといってリスクを取ってきた私企業を、税金で助けるということに世論は反対するが、それ以上に問題なのは、極めて危機的状況になれば税金で助けてもらえるから大丈夫という甘い認識を金融家にもたれる事がまずいのだった。


わかりやすく説明するのって難しいな・・・。失敗した。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://masuda39.blog96.fc2.com/tb.php/4453-706e692e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。