Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強いて言えばイスラエルが圧したとはいえるけど。

http://obiekt.seesaa.net/article/113648425.html
ガザ侵攻でクラスター爆弾が使われなかった理由

なんだかんだいって白リン弾とか別にあんなに取り上げられるような特殊な殺戮兵器じゃなかったし、
特に殺戮に使ってる様子でもなかった。

毒ガスじゃあないけど、すごく臭いし、皮膚について燃えれば猛毒だろうけど、そういう使い方でもない。
そりゃまあ、煙幕弾ですしね。

特に特化すれば、兵器として名がつくものですからね。いちいちそんなモノを作るとしても白リンで作るか?という疑問もある。
(もしかしたら建物から人をいぶりだすことにでも使うかと思ったら、そんなことをしようとも思ってなかった様子。)

建物は22000戸も壊したそうだけど死者はその三分の一。負傷者は5000人台。
死者よりも住めない土地にするのが目的だったようだ。それ以前に兵器工場やロケットの破壊などが第一目標だったようだけど。

どうもイスラエル軍はじくちたる思いがあるのか、他に気持ちがあるのか、
攻撃事態は激しいが、明確な戦術しかしてない様子。
あんまりきちっと戦争をやられると、深読みしたくなる。
しかも余裕を感じる。それがどういう余裕なのかはわからない。

政治的には混沌としてる状況から、もう一度シャッフルされて、
違う形のシャッフルがなされただけ。
判断なんか誰も出来ないんじゃないだろうか。
有利不利を語るような大きな変化はなかったようにも見える。
スポンサーサイト

危険なものはもっといっぱいあるし

http://obiekt.seesaa.net/article/112824928.html
日本テレビ「NEWS ZERO」が白燐弾で誤報

「白リン弾   扱いが難しいため、今は使用していない」

笑ってしまった。
砲弾や爆弾の方が危険だろうよ。

------------

・81mmM、JM42A1WP発煙弾
・120mmM、JM2WP発煙弾
・発煙黄りん手りゅう弾

Mというのはモーター(迫撃砲)の事で、WPとは(White Phosphorus)、つまり白燐弾の事です。黄りん(黄燐)とは少量の不純物を含む白燐の事で、色合いが少し違いますが英語圏では区別せず、両方ともWP扱いです。
----------



だよなあ。黄燐と白リンで分ける理由ってあまりないと思う。じっさい大差がないようだし。


正直言ってどういう作戦で、どう使われてるのかわからないのでなんともいえない。
そこに居る人たちを全員殺そうとしてるんだろうなと思ってるので、
銃で殺すのと焼き殺すのと毒で殺すのの差は良くわからないし、それを分ける理由も僕にはわからない。

基本は照明弾なのかなと思うし、ガソリン系では角が立つのと、燃えすぎると絵的に使われて
対外的に叩かれやすいからかなとも思ったりする。


ただ、黄燐や白リン、赤燐だろうとあの匂いがするところに、いつまでも居ると体が悪くなりそうだ。
それだけでもゴメン蒙りたい。

死ぬ死なない。残酷かそうでないか。
そういうのも大事なんだろうが、体力が削がれるのも不愉快だ。

それどころじゃないところで戦争してる人の気持ちはもうわからない。
ああはなりたくないと思う。

組織化されたサヨクっぽく取られるのはイヤなので態度表明すると、
白リン弾はめくらましをかねた照明弾程度の使い方なんじゃないか?
それで多少殺傷しても構わない。程度。
横紙破りするなら、ナパームでも使えばいいと思うしね。
そんな感じ。
報道するなら兵器名を出してほしい。検索するから。

パレスチナは惨憺たる有様なんだから今更、人道だの非人道兵器だの言われても、
ピンと来ない。

白リンというからわからなかった。黄燐と言ってくれればすぐわかったのに。

黄燐といえば西部劇などで、ブーツに擦ってマッチの火をつけたり、
カウンターに擦って火をつけたりできるマッチの材質が黄燐(おうりん)。

発火点の低さが重宝されつつも、事故で火がついて火事も起きやすく、
人体近くで燃えて火傷したときの被害の酷さ
毒性による被害と、火傷の深さは問題だった。

その対策の為にできたのが赤燐。今のマッチの形。
箱の横の薬部に擦って火をつけるタイプのマッチ。
安全性は格段に上がった。

そういう歴史くらい走ってるから白リンといわずに、黄燐だといわれたほうが判りやすかった。

確かに毒性もあるし、よく燃える性質を、兵器として、爆弾のような形で使うことも可能なのは良くわかる。
化学兵器としての判断にゆれるのも理解できなくはない。
視点の違いで判断は変わるでしょうね。

なんにしても、使用後のその地域の惨憺たる有様を考えると、さすがに身じろぐ。

意外!停戦拒否かあ

受けたもんだと勘違いした。停戦拒否か。
停戦拒否ということは進捗がいまいちということなんだろうけれど、
戦略目標がわかりません。
どうも報道にもその辺がきちんとは出てこない。
まさか根絶やしにするわけでもないだろうし、どこまで進めば戦略的な勝利なんだかさっぱり。

火力の差が圧倒的な状況で、進捗が遅いとなるとイスラエルの状況ですら深刻。
ガザはとうの昔に深刻な状況。

何をどうしたいのやら。

始めるタイミングは何かに合わせてるし、終わらせるタイミングも既に決めているんだろうけどそこも判然としない。
米国大統領のスケジュールあわせかな。
一般教書演説の少し前には終わらせるつもりか。
それにどれほどの意味があるのかもわからない。

わからないことだらけ。

もしかすると、イスラエル軍部の暴走があるとすれば、もっと深刻。
イスラエルだって、いつまでも無敵のように振舞えるとは思えない。
軍部の動向と国家の寿命はかなり密接だろう。イスラエルの場合は特に。

新年早々・・・。

あけましておめでとうございます。


などという割には書くことは中東の戦争。

【ガザ空爆】イスラエル国防相「ハマスとの全面戦争」を宣言★5http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1230705039/-100

計ったように始まったイスラエルの攻撃。
数日間に及ぶ攻撃のあとに48時間の停戦。
停戦の意味が全然わかってない人が多そうだけど、
停戦の間に、戦果を確認し、撃ち漏らしや、敵味方の勢力変化を調べて、次の作戦に生かすための時間稼ぎが大半の意味でしょう。
他にも意味はあるかもしれませんが、副次的な意味だとしか思えない。
恒久的なものは一切狙ってない。

だから、停戦のあいだにハマスの反攻があれば、それは「平和を破壊する行為」としてイスラエル側は指弾するだけ。
政治的にも軍事的にも優位にスムースに、イスラエル側が動かしてる印象。

手際よく「実行」してるさまが恐ろしい。

まるでアニメのよう。
ギアスは作りこみすぎて、面白いんだけど、リアルとはかけ離れてる。
OOもかけ離れてはいるんだけど、ギアスほどには離れていない。
OOはリアルワールドの暗喩させるメタファーが多いんだから、今こそ重ね置いて見る頃合い。

日本はとりあえず戦争はないわけだし、正月早々沈思黙考するにはいいテーマだと思う。
僕は今日も仕事だけど。

いってきまうす。

海賊らしい海賊だ。

ソマリア沖海賊、NATOが攻撃すれば乗組員殺害と警告http://www.cnn.co.jp/world/CNN200810240005.html

また、グループが要求している身代金2000万ドルのうち、ウクライナの運航企業が100万ドルしか用意できていないと述べたことに対し、「そんな額では数日分のホテル宿泊費にしかならない」と不満を示した。海賊側が身代金の引き下げに応じたかどうかは明らかでない。



海賊らしい無法ぶり。

対応にも苦慮するでしょう。

ワンピとは大違い。
ワンピで言えば、世界政府にクロコダイルが反旗を翻してるとでも思えば状況は近いかも。

結構手間ひまかかりそう、どちらも時間をかけても大丈夫そうで居て、意外に時間に弱い組織だと思う。
戦闘集団とはそういうものです。
ランニングコストが高い。長期間コンディションレベルが高いと式が落ちるし、コストがかさむ。
どっちが音をあげるか。
手を出すのが先か。
なんとも大変なことです。

当時、どこにでもあった問題だったとしか思ってないです。

小林よしのり氏「戦争論2」の妄想(1)http://www.geocities.jp/yu77799/nankin/yosinori2.html

僕は南京大虐殺に関して、「有ったとは思うが、それほどの規模とは思わない」という立場。
戦争なんだから虐殺・破壊・略奪・強姦は日常的に起こっていても不思議ではないと思ってます。
それが戦争の一部だから。

------------続きを読む------------>

いや、兵士の方が先決。

無人ステルスジェット機、登場に向けて加速中--米海軍の航空活動を一変させる可能性http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20380403,00.htm

YOUTUBEの不思議なサウンドが気に成って仕方ない。

戦闘機や攻撃機などの無人化も有用だとは思うけれど、
それがで切るくらいなら、兵士の無人化の方がもっと有用でしょう。
歩行するロボットによる強行索敵の価値は絶大。
全く火力がなかったとしても、目の役割だけであっても圧倒的な戦力になります。
それがあれば戦局が変わりかねない。

安価で生産し潤沢に供給できるなら、対人地雷を事実上無力化できる。

火力を持たせれば無敵の歩兵部隊も可能。(非常に危険だけれど。味方に対して。)

戦争の効率化が進行するかも知れない。

ここまで至れない国家や組織は金や麻薬などで釣って旧来の兵を集めることに躍起になる。
とすると非人道とか言われつつ、ロボットならに人間じゃないからいいのか?とか議論になる。

ただ、悩みが複雑化するだけの人間社会なのだった。

世界は「少佐」を待っている。




嘗ての赤軍の運用をしてるとすれば。

75 :名無しさん@九周年:2008/09/01(月) 19:31:52 ID:W+bFdyb40
露軍は、歴史的にいって、非常に臆病な動きをする。

攻撃をかけるのは、勝利を確信した時のみで、それまでは、いくらやられても

勝機が来るまで耐え忍ぶ。

逆に、この耐え忍びながらも兵のモラルが落ちない所が、露軍の一番の怖さ。



間違えじゃないけれど、事実がすっぽり抜けてるところがある。


83 :名無しさん@九周年:2008/09/01(月) 19:34:01 ID:u7uW9NBZ0
>>75
モラルが低下した兵はその場で粛清されるからじゃねーの?
敵殺す前に味方殺して、敵を殺しつつ味方殺して、敵を倒した後味方殺す
イメージしか無いんだが>露軍



これだ。
陸戦部隊だと、先行した受刑者大隊を弾除け&敵の錬度を測り、本隊は機が熟すまで待つ。
そういう印象。
一度戦闘が始まれば突き抜けるまで戦力を投入し、押し戻されたり戦力が尽きれば戦線放棄。
味方殺しがこわくて、進軍するが、そこそこの強さ。
何より人員の動員数が半端じゃないからWW2でも戦勝国になれた。
基本、頭数の戦争だから。あの国は。

91 :名無しさん@九周年:2008/09/01(月) 19:35:32 ID:Osgn0/D30
露軍はすでに純粋水爆の開発実験に成功している。
20分で殲滅は可能



半分冗談で言ってるのかもしれませんが、軍人や最近の政治家が
核兵器を使ってはいけないという考えをどれだけ共有してるかは疑問です。
使うかもしれないと、思うべきかもしれません。
為政者はさすがに使ってほしくないと考えてるとは思います。

株価や投資額に影響がでますから。

「大戦略2」的発想にしか見えないんですが。

【日中】日中激突なら海上自衛隊は中国海軍の前に全滅? 元防衛大教授がシミュレーション★4 [08/26]http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1219768716/-100

その結果は「7回目の戦闘で海自の勢力は半減し、23回目の戦闘で0になるが、
中国海軍は最後まで三分の一の勢力を保持する」というもの。つまり中国軍の勝ち。

 「実はこのシミュレーションは戦闘機やミサイルの性能差などは度外視している。
しかしワーストシナリオに沿って備えるのが重要なこと」と杉之尾氏。部隊を実際に動かすことなく
戦闘をシミュレーションする図上演習でも「条件を数式化して設定するが、その条件が少し
異なるだけで結果が大きく違うことも珍しくない」と自衛隊関係者。



 

それでは意味がないと考えるのは早計だ。「結果そのものよりも、指揮活動を演練するのが
目的だから。さらに、悪い結果が出ればそれを教訓にして運用や装備を改善すればいい。
むしろ悪い結果が出る方が好ましいくらい」(同)



それは指揮や運用訓練でしょう。
シミュレーションのためのシミュレーションみたいなことと、現実味のある話のように見せかけるのはどうかと思う。

------------続きを読む------------>

Extra

FC2カウンター

FC2ブックマーク

アマゾンボックス

プロフィール

masuda39

Author:masuda39
きてくれてありがとう。
出来るだけおもしろく書きたいと思っています。
楽しんでもらえると幸いです。
僕に専門はないです。だからド・シロートなんです。あしからず・・・。

ミクシィは
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=895160

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。